部分矯正

部分矯正

部分矯正とは、歯列の一部分に矯正処置を加える方法で、専門的には「限局矯正治療」と呼ばれることもあります。全顎矯正と比べると、所要料金と治療時間は少ない上に、装置装着することによる痛みと不快感も限られています。
審美性を向上させることも可能ですが(最下方のテーブル参照)、どちらかというとブリッジや部分入れ歯、インプラントを快適に装着するための丈夫な土台作り・口腔内環境の改善が主な目的です。つまり、「補綴(かぶせ物・入れ歯関係の治療)の一環として行われる処置」という側面が大きいのが部分矯正です。もちろん、歯の清掃性や機能性を向上させることが主目的となるケースもあります。
しかしながら、歯列・かみ合わせは上下前後左右関係しており、歯並びの悪い箇所を改善するのに一見歯並びのいい場所を動かす必要もあります。部分矯正は一部しか歯を移動することができないため、全顎矯正よりはむしろ高度な技術を要します。我々は可能な範囲内に最小限な装置をつけ、患者様に最小限な負担かけることを心掛けしております。

部分矯正が適応されるケース

部分矯正(限局矯正治療)は、以下に挙げるようなケースに適応されます。

クラウンを装着する歯が倒れている

被せ物であるクラウンを装着する際、歯が倒れているとかみ合わせが不安定になります。歯を削る量も多くなり、お口への負担が大きくなりがちです。部分矯正によって歯の傾きを改善すれば、安定したクラウンの装着が可能となります。

ブリッジを装着する歯が倒れている

ブリッジを装着する歯が倒れている

ブリッジの支えとなる支台歯が倒れていると、十分な支持力が得られません。そのままブリッジを装着すると、噛んだ時の力が均等に伝わらず、装置の破損や歯周組織の異常を招いてしまいます。倒れた支台歯を部分矯正によって改善すれば、支台歯の軸が平行になり、安定したブリッジの装着が可能となります。

インプラントを埋入するスペースが不足している

インプラントを埋入するスペースが不足している

歯が抜けることによって生じたスペースは、周囲の歯によって塞がれることがあります。インプラントの埋入に十分なスペースが確保できない場合は、部分矯正によって周囲の歯を移動させます。その結果、インプラントの埋入および上部構造の設置に十分なスペースを確保できます。

歯並びがガタガタで清掃性が悪い

歯並びがガタガタで清掃性が悪い

乱ぐい歯や八重歯などの歯並びは、ブラッシングしにくく、磨き残しが多くなります。堆積した歯垢や歯石が細菌の温床となり、虫歯・歯周病のリスクが上昇します。部分矯正を行うことで、ガタガタしている歯並びが整い、清掃性が向上します。虫歯や歯周病のリスクも自ずと減少します

歯の喪失によって生じた隙間を閉じる

歯の喪失によって生じた隙間を閉じる

歯を喪失した場合、補綴装置の装着が第一選択とならないこともあります。失った歯の位置や歯周組織の状態、全体のかみ合わせなども考慮して、部分矯正が最善となることもあります。部分的な歯の移動を行い、歯列内の隙間を塞ぎます。

歯冠が崩壊した歯を引き上げる

歯冠が崩壊した歯を引き上げる

重症化した虫歯では、歯の頭の部分である歯冠(しかん)が崩壊し、歯根のみとなっています。そのままではクラウンを装着できないため、部分矯正によって歯根を口腔内へ引き上げることがあります。その結果、適切な状態でクラウンを装着することが可能となります。

審美性を高める部分矯正?

以上、主に補綴治療と関連がある部分矯正を説明してきました。実は、部分矯正で歯列を排列することによって、費用を抑えながら歯並びを綺麗にできます。

  • 以前矯正をしたが歯が後戻りしてしまい、もう一度並べたい方

  • 歯並びはおおむね良好、一部しか歯列並べる必要ない方
  • もう歳だから、部分的に歯を綺麗にすれば満足という方

上記のような方は部分矯正で処置できる可能性があります。ただし、当然ですが歯並びの改善は全顎矯正と比べれば限られています。また、適応できない症例も多いです。そんな部分矯正にご興味ある方、まず当院までご相談ください。専門知識をもとに最適な治療法をアドバイスいたします。

まずはお気軽にご相談ください

×